« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2008年12月

ビバ浜岡!!!

行ってきましたよ御前崎クックハウス椿!

今年もとんでもなかったね。
最高です。

われわれが到着したのは8時過ぎ、
すでに会場はものすごい混雑ぶり。
みんな音楽大好き椿大好きB.D.大好きの人たちさ。

今回はいつものステージ横のМCブースにドラムセットを置いた
ため、B.D.の席は客席中央にスペシャルシートが用意され、
B.D.はまさに「マスター(全能の支配者)」として君臨だ。
意外に酔っぱらっていなかったのでびっくり!

そこからもうバンドが入れ替わり立ち替わり登場だ。

今回感動したのはラバーファンクだなあ。
ギターとキーボードはウソライヴの2人だったけど、
(このご夫婦の出す音ももカッコいいんだわ)
ハマちゃんとミッチェルの歌にものすごい気合いを感じたよ。
いつもよりずっと、客席に向けて放たれるエネルギーが強かった
と思う。やっぱりそういうの伝わるよ。
お客さんの反応にはっきり表れてた。
カッコよかったなあ。

われわれシャーク団は11時半過ぎの出番を命じられ、
カウントダウン係をせよと!
31日じゃないのに強引にカウントダウンして
「Happy New Year!」を叫ぶのが椿の慣わしさ。

事前にね、「今回はめちゃくちゃ出演希望が多いから
ステージやるってつもりで来ない方がいいよ。あくまで忘年会の
余興なんだから。」ってB.D.からは言われておりましたが、
今回はキーボードのサトコカトウの退団ステージってことでね、
やっぱり力が入るわけですよ。

今までの椿とサトコカトウのことについては先日たっぷり書いたから
書かないけどさ、やっぱりここはすばらしいね。
普通じゃない。ホントに温かい。LОVEがあふれてる。
やさしいねみんな。

年末で忙しいのにあんなにいろいろなグッズを作ってくれて
ありがとう。「さとこ応援団」のタスキをかけられて歌いました。
初めての体験です。

キャルロイドさん素敵な花をありがとう。
もうサトコちゃんにとっては最高のステージになったと思うよ(推測)。
とても書きつくせないさ。

コーラスの一人、ミドちゃんは今回椿初体験!
それまでに椿の楽しさとおいしさを聞いてはいたものの、
ナマ椿には大感動ですよ。

ああもう夢のような時間だったね。(いつも同じこと言ってる)

毎年のことだけど、明日からB.D.は数日間廃人同様になり、
おれたちシャーク団は普通のおとっつぁんをやるのさ。
ASUKAはパーティー三昧だと思うけど。

来年また態勢が整ったらぼちぼちと楽しいことをしますんで、
よろしくね。

んじゃ、よいお年を!

| | コメント (8)

楽しみだなあ椿

年末だねぇ。

といってもあんまり街に出ないから、
世間がどうなってるかあんまり知らないんだけどね。

やっぱりクリスマスクリスマスな感じなの?
世の中おそろしく不景気みたいね。
だからこそというか、まあまわりが景気良くても悪くても、
明るく元気にいきたいね。

年末の過ごし方といえば、楽しみにしてるのはさ、
おととしからもうドッパマリの
おなじみ御前崎クックハウス椿の忘年会!
今年は28日さ。

今年はものすごい数の人およびバンドの
参戦表明があるらしい!
去年は入場者100人弱だったのを
今年は軽くオーバーするのではないかという
B.D.の予想でやんす。

なんか楽しみというか恐ろしいというか。
やっぱり音楽大好きおいしいもの大好きB.D.大好きの
みなさんに会うのが楽しみなんす。

サトコちゃん卒団ステージでもありますが、
いつものようにゲラゲラやりたいですな。

| | コメント (0)

悲しいうわさ

なんて書くとさ、また誰かやめるかと思っちゃう人がいるかもなあ。
縁起でもない。

これは曲名ですぜ。ん? もう知ってるかそんなことは。

原題は"I Heard It Through The Grapevine"
そう、有名なのはマーヴィン・ゲイの方だね。
(このへんの詳しいいきさつはコメントに)

でもホントはグラディス・ナイト&ザ・ピップスの方が
リリースが早い。そして何しろかっこいい。

グラディスのバージョンを元ネタに、
12/14のウーフーでASUKAが風邪にもめげず
気合いでカマしちゃったのが、これだ!
また音源のせちゃうよ。ちょっとだけよ。
(このブログ1MBまでしかのせられないんだと!)

ギターソロバックのピアノ、
そしてベースがポイントでぐわっとくるのが
なかなかかっこいいじゃねぇかと自画自賛だが、
まあ聴いてくれい!

どうよB.D.?
これも御前崎でぶちかましたいぜ!

| | コメント (1)

写真できました

シャーク団の専属カメラマンのふりして
実は単なるサトコヲタだったことが判明したヘイちゃんから

素晴らしい写真の数々が届きました。

11月23日清水ジョージ通でのイベント「酔っぱらいナイト」と、
12月14日静岡UHUでのイベント「マイアミの夜」の2ライヴ、
まとめてアップだ!

ヘイちゃんさぁ、2回ともほとんどサトコちゃんの前に陣取って、
ものすごい望遠レンズでものすごい数撮りまくっていた
のに、
渡されたCD-Rには20枚ずつくらいしか入ってなかったんだよ。

もっとはるかにたくさん撮っていたはずなのにさあ。

友達のKJいわく、
「今までの写真には納得がいなかいものも多かったので、
今回は厳選してブログにアップされても納得いくものだけに
限ってCDに入れたらしいよ」
って。

そーかなー?

これはもう自分だけのものにしようと企んでいると見た!
やるなヘイちゃん!

なーんてのは全部冗談さ。

いつも本当にありがとうございます。

今度ステージ上がる?いっしょに歌っちゃおうか?

島倉千代子の「愛のさざなみ」。

ありがとーっ!

| | コメント (2)

愛なき世界で

久しぶりに音源アップします。

12月14日(日)静岡UHUでの録りたてホヤホヤです

オーティス・クレイの超名盤!1972年の
「愛なき世界で/Trying to live my life without you」です。

すんごいカッコイイ曲なんで、ずっとやりたかったんだけどね、
やっとライヴでできました。
B.D.どうよ?

うまく聴けるといいけど。

途中までですよ。

次回はグラディス・ナイト&ザ・ピップスの
「悲しいうわさ」の予定だよ。
おヒマなら聴いてよね。

| | コメント (4)

こんな曲をやりました

なーんかさ、とってもいい余韻に浸っちゃってるんだよねおじさん。

前回の記事にさ、メンバーだけじゃなく対バンの方々も
コメントをくれてさ、うれしいねぇ。長くやってるといいことあるねぇ。

その記事には「ソウルの布教活動」なんて書いちゃったけど、
そんなに偉そうなもんでもないんだよね。
自分の好きな音楽のよさ、楽しさ、カッコよさを、
他の人にも共感してほしい、
いっしょに楽しみたい
ってことなんだよね。

というわけで、12月14日のウーフーでやったのは
こんな人たちのこんな曲です。

よかったら元の曲聴いてみてね。
ぜんぜん違うから。

1  Respect  (Otis Readding)1965
2   634‐5789 (Wilson Picket)1966
3   My girl(The Temptations)1964
4  Stubborne kind of fellow (Marvin Gaye)1962
5  僕のベイビーに何か
   When something is wrong with my baby
   (Sam & Dave)1967
6  愛なき世界で
   
Tryin' to live my life without you(Otis Clay)1972
7  Chain of fools (Aretha Franklin) 1967
8  悲しいうわさ I heard it through the grapevine
   (Gladys Knight&The Pips)1967
9   Ain't no mountain high enough 
   
(Marvin Gaye&Tammy Terrel)1967
10 Hold on, I'm comin'(Sam & Dave)1966
11  Soulman(Sam & Dave)1967
En  ダンス天国 The land of 1000 dances
   (Wilson Picket)1966

年代偏ってるね~。

このライヴからの音源2曲を数日中にアップするからね。
ヒマな人は聴いてくれい。

| | コメント (0)

マイアミの夜

いやあ、楽しい夜だったね。「マイアミの夜。」
行ってみてわかったんだけど、俺達以外の3バンドは
みんな20代の若者でした。
「若者」という呼び方がすでにもうオッサンなんだけどな。

リハーサルのときにうちらのネタの曲名を言ってみたら、
誰一人知らないという。
ソウルマンも知らない。ひぇ~!
これはもう久々のアウェイイベント!
果たしてわれわれは生きて帰れるのか?
と思ったらみんないい人たちでよかったですハイ。

サウンドはパンクっぽいものからミクスチャー系のものまで、
およそソウルを通過しているはずのない、
通過する必要のない音楽をやっていたんだけど、
バンドの人たちもそのお客さんも非常に優しくてですね、
あたたかくこのオッサンたちを受け入れてくれました。
ちょっとはソウルの布教活動に役立ったかもな。

fEED、B-29、Johnny11のメンバーのみなさん、
ご一緒させてもらえてうれしかったですよ。

そのうち写真をアップするから、気長に待っててね。
んじゃっ。

| | コメント (13)

泣きそうなオッサン

師走も半ばに入ってきたのに変にあったかいねぇ。

本日は非常にセンチメンタルなオッサンであります。

お知らせしたように、次の日曜日12月14日は
われわれシャーク団のライヴ、
静岡市七間町にあるUHU(ウーフー)でぶちかまそう

企んでますが、そんなわれわれに激震が!

1_2

2

シャーク団の箱入り娘、
キーボードのサトコから、
仕事がどうにもキツキツに
なり、来年から参加でき
なく
なるという話が。 

  

いつかこの日が来るとは
思っていたけれど、うーん。

彼女が参加してくれたのは3年前かな。
われわれは6年くらいのプランクから復活して、
スタジオでのリハビリに励んでいたんだが、
そのときのキーボーダー、ウザキさんの仕事が
急に大変になってしまったんで、
自分の後輩であるサトコちゃんを後釜に据えようと考えて、
スタジオJBに連れてきたんですわ。

サトコちゃんねぇ、完璧なるクラシック畑で育った
純粋培養少女だったんです。
このバンドに入るまではバンド経験は全くなし。
それどころかクラシック以外のコンサートに行ったことがないと!
ライヴハウスなんて入ったこともないと!


ピアニストはいつも一人で演奏。
誰かといっしょに演奏したことなどないさ。
そんな子がいきなり40近いオッサンたちのバンドに入るという。
いっしょにやってもいいという。
練習は夜10時から!終わるのは夜中の12時!
やってるのは自分が生まれる前のソウルやブルース!
まさに悪魔の音楽!聞いたこともないジャンル!
さらにはシンセでラッパの音を鳴らしてくれという。
ラッパっぽく弾いてくれなんていう。
その合間にオルガンを鳴らせだそこはピアノだと
オッサンは注文する。

彼女はもちろん楽譜が読める人、というか楽譜で音を取る人。
われわれオッサンたちは耳でコピーし、
コードで音を取り、口でやりとりする人。
「適当にノリで」「そこグワッと」「シロタマでピャーッと」
「パーンと入ってスチャスチャッて感じで」とか
そんな言い方でしか音楽を伝えられないオッサンたちに
交じって3年間。

演奏中お客さんに見せるのはいつも横顔だけだった彼女は、
バンドに入って初めて楽譜から目を離し、お客さんと目を合わせた。

ケントスに出た時に、ご両親とお姉さんが応援に来てくださった。
お父さんはきちんとスーツを着て、ネクタイを締めて来たよ。
ちゃんとした家で大切に育てられた娘さんなんだよ。
もちろんお父さんに言ったさ。
「娘さんは責任をもって幸せにしますから」と。どんな幸せだよ。

初めて椿に行ったとき(おととしの忘年会)、
ステージの横からいろいろ言うおじさんがいて、
お客さんの中で料理を前にして演奏したこと、
そして酔っぱらったお客さんが自分の横に来て
手を出してきていっしょに弾こうとしたことに
強烈なカルチャーショックを受けてね、
「こういうふうにして楽しむ音楽ってあるんですね」って言った。
最高です。

いつやめちゃうかな・・・っていつもヒヤヒヤしてたけど、
彼女はやめるって言わなかった。
彼女の鍵盤がなければシャーク団の曲はほとんどできない。
この3年の間に、K-МIXのコンテストでデビューして、
ケントスに出て、ガジャにも出て、船に乗って演奏して、
ジョージ通にも出て、椿に出て、ウーフーにも出た。

彼女は完全にシャーク団の一員となって、
素晴らしい演奏をしてくれた。
彼女のおかげでブランクの前と同じか、
それ以上に楽しいライヴがいっぱいできたよ。

こんなこと、お客さんはあんまり知らなかったかもしれないけど、
この際だから書きました。

彼女がシャーク団で演奏するのも14日のウーフーと、
28日の椿忘年会の2回です。

楽しくやるさ。泣きそうだけど。

シャーク団 LIVE IN UHU

   12月14日(日) ライヴハウスUHU(ウーフー)
   静岡市七間町9-10 ワイシーシー第二ビルB1  
   ℡ 054-253-1418

   JOHNNY11 Presents 「マイアミの夜」
   
出演 シャーク団、B-29、fEED、JOHNNY11 の4バンド        
        OPEN 18:00 / START 18:30    
   TICKET \1000 (Drink別 \500) 当日も同じ

| | コメント (6)

LIVE IN UHU!

うぉいっす!どうよみんな?師走ですけども。

改めて告知ですよ。

  シャーク団 LIVE IN UHU

   12月14日(日) ライヴハウスUHU(ウーフー)
   静岡市七間町9-10 ワイシーシー第二ビルB1  
   ℡ 054-253-1418
   JOHNNY11 Presents 「マイアミの夜」
   出演 シャーク団、B-29、fEED、JOHNNY11 の4バンド
       
(ウイスキー山崎さんは出られなくなりました残念!)   
        OPEN 18:00 / START 18:30    
   TICKET \1000 (Drink別 \500) 当日も同じ


この日のイベントはねぇ、ジョニー11さん主催のミクスチャー系
貸切イベントに、われわれシャーク団も(先にエントリーしていたので)
ついでに出させてもらっちゃうって状況なんですわ。
よくわからないんだが、われわれ以外の3つは
ミクスチャー系のバンドだそうな。
ひぇぇぇぇ、アウェイですな。
はたしてわれらの音楽は受け入れられるのか?

8月以来4か月ぶりのライヴハウス、
そして知らないお客さんたちがたっくさんいるらしいアウェィ的会場、
これ見た方、ぜひぜひ盛り上げに来てくださいよ。

シャーク団は2番目、19:00すぎの出番です。
そんなに遅くならないからさ。

遊びましょう!

| | コメント (2)

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »