« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

2007年11月

Bring it on home to me

今日はね、愛するサム・クックの曲について書いちゃう。

サム・クックの声ってホントにいいよなあ。
あんな声で歌えたら最高だな。
もともとゴスペルシンガーで、ソウル・スターラーズっていうグループにいたんだけど、
顔がよくて声もいいってんで26歳の時にR&Bシンガー(つまり商業主義の歌手)に転身。
「You send me」でヒットですよ。
スタジオ録音の曲だけを聴くと感じることだけど、
サムの歌はゴスペル上がりにしてはすごくスムースでポップな感じなんだよね。
だから白人にウケた。商業的な成功は、白人にウケるかどうかがカギなんだな。
でもサムは白人に媚びていたわけではなく、ちゃんと黒人の魂もバリバリにあった。
ライヴ盤を聴くと、スタジオ盤では聴けないサムのグワッというシャウトが聴ける。
それでもやっぱりサムの声はスムースだけどね。
黒人の権利向上にも関心が高くて、
「A Change Is Gonna Come」って曲にそれが表れてる。
(8月11日に書いた「暑い日に思う」を読んでね)

シャーク団では昔、「Chain gang」「Wonderful World
Twistin' the night away」をやってたんだけど、
最近はもっぱらこの曲オンリーだな。
名曲「Bring it on home to me」ですわ。
「悲しき叫び」って邦題があるね。
まあ、オールディーズには「悲しき○○」ってのはよくあるけど、
この曲をその名前で呼んだことはないなあ。
ミズホさんとデュエットですよ。
ミズホさんのコーラスが絡んでくれるともう曲が何倍にもよくなるんですよ。

では今日はこの曲の訳詞をひとつ。

                Bring it on home to me

    もしも君が、僕を捨てて去っていく気持ちを
    変えることがあるのなら

       どうか届けておくれ 君の優しい愛を 
       どうかもどってきておくれ 僕のところへ

    君が出て行ったとき僕は笑っていたよ 
    でもそれは自分で自分を傷つけるだけだった

    きれいな宝石を君にあげよう お金もあげる 
    でもそれだけじゃないよ 僕にできるのは 

    僕はいつだって君の奴隷になるよ 
    死んで墓に埋められるまで

    僕は君のことを大事にしようとしてきたよね 
    なのに君は出て行った あの夜遅く 

ああ、サム、白人にはガッチリ主張するけど、女には弱いのね。

ちなみにサムは1964年12月11日、33歳のときに
ロサンゼルスのモーテルで管理人に射殺されて死んじまう。
その死を巡っては謎も多いらしく、
一説には「モーテルに連れ込んだ売春婦に金や服を盗まれ、
仕方なく裸で売春婦を追いかけ、その後銃で撃たれた」
とも言われるんだが、
本当だとしたらサム、伝説になるにふさわしい死に方だぜ。
とてもゴスペル上がりとは思えない不謹慎ぶり
人間だもの。ねぇサム。

12月16日(日)、ケントス静岡でお待ちしてますよ。

| | コメント (2)

いらっしゃい!

あっという間に2週間後となりました12月16日ケントスアマチュアナイト
我々シャーク団のおじさんおねえさんは、今できる最高のステージをお届けしようと
いろいろ試行錯誤してまっせ。

ではくどーく告知を。

シャーク団 LIVE IN ケントス アマチュアナイト
    12月16日(日) ケントス静岡 TEL:054 (251) 8585
    〒420-0032 静岡市葵区両替町2-7-10 両替町ビル5F
    18:30 open    19:30 start   ¥1,500(1drink)
 

いつものアマチュアナイトなら5バンドなんですが、
この日ねぇ、今のところ3バンドの予定なんですよ。
シャーク団は2番目の予定で、8:50すぎに登場予定です。
3バンドだとハコ全体にいるお客さんの数がちょっと心配です。
他のバンドのお客さんでももちろんいいから、
たくさんの人でいっしょに楽しみたいなあ。

これ見てるみなさん、楽しくやりまっせ!
是非見に来てね!

| | コメント (0)

掘り出し物

はいみんな元気すか?
ちょいと忙しくなるとすぐ更新が止まっちゃう。
ご勘弁を。
シャーク団はぼちぼちやってますよ。
12月16日に向けて徐々に高まっちゃってるよ。

ところでさ、この前近所の100円ショップに行ったら
つぶれたビデオ屋から流れてきた中古のビデオが置いてあってね、
(素性が悲しい)
ほとんどがどうでもいいやつなんだけど、
中には「うわ!」ってな掘り出し物があるんだよね。

今回見つけたのは「グレート・ボールズ・オブ・ファイヤー」
「バック・ビート」ってやつ。
「グレート・・・」はその題名でわかる人はわかるよね。
ジェリー・リー・ルイスの名曲だね。
デニス・クエイドがジェリー・リー役で、
彼が小さい時に故郷ルイジアナ州フェリディの
黒人街のジュークジョイント(このシーンとても興味深い)で見た
ブルースピアノに影響されてつくったピアノメインのロックンロール、
「ジェリー・リー・スタイル」で売れていく様子を、
色恋沙汰を交えて描いた青春ドラマ。、
「バック・ビート」はビートルズが世に出る前のハンブルグ時代、
5人目のメンバー、スチュに焦点を当てて描いたこれまた青春ドラマ。
どっちもドB級で、だから100円とかでも売れ残ってるんだけどね。
この手のミュージシャン伝記ものは根強い人気があるんだね。
「Ray」なんかはもそうだね。「ドアーズ」もあった。
広い意味では「ローズ」「ドリームガールズ」もそうかも。
廃盤になっちゃった「クロスロード」って映画は
ロバート・ジョンソンの幻影を追うってやつで、
ライ・クーダーがサントラやってたね。

この手の作品で何より面白いのは、そっくりさんが出てくることなんだな。
「グレート・・・」には途中でエルビスとチャック・ベリーのそっくりさん
出てくるんだが、これがメチャ似で爆笑!
「バック・・・」の方はジョンとポールがミョ~に似てて爆笑!
声とか喋り方も似てる。
ストーリーは陳腐なのに、
そういうところのキャスティングや演出は凝ってる
んです。
音楽も結構良くてね。サントラ買いたくなっちゃう。

それにしてもジェリー・リーのピアノはいい!
というわけで「グレート・・・」の方はうちの鍵盤弾きにプレゼントしました。

そのうちきっと、彼女は鍵盤の上に乗っかって弾くでしょう。

| | コメント (1)

Chain of fools

これね、R&Bバンドとしてはド定番、アレサ・フランクリンの名曲ですな。
直訳すれば「バカの鎖」あるいは「バカの連鎖」。
わはは。シャーク団のことですかい?

これ何年か前にちょっとだけやってみたんだけどね、
今回12月用のネタとして改めて挑戦してみたよ。
Taeさんとデュエットです。なかなかいい感じですよぉ。
今までのシャーク団ネタとはちょっとだけ曲の空気感が違うんだな。
今日はその訳詞を紹介。

アレサが歌ってるオリジナルの歌詞は
「バカな男にだまされた私」っていうスタンスで書かれてるけど、
おじさんが歌うのは「とんでもない女に振り回された情けない俺」ってことでよろしく。
はあ、「とんでもない女」か…。そういえば……おっと危ねえ。。

         Chain of fools

5年もの間、俺はお前の恋人だと信じていたのに
やっとわかったよ 俺はお前の鎖の輪っかの一つに過ぎないんだと

いつもお前に振り回された上に バカにされて
つれないそぶり 冷たい仕打ち

バカがバカにつながって バカの鎖 俺はただの鎖の一つ

どの鎖にだって 外れやすい輪があるんだ
俺が気弱だからずるずる来たが もう俺は強くなるさ

「一人にして」とお前は言う
「戻ってくればいい」と母さんはいう
「気にするな」と医者はいう

やっぱりお前はやたらに手を出しすぎた 
俺はただの鎖の一つ

バカがバカにつながって バカの鎖 俺はただの鎖の一つ

ある朝突然、鎖は壊れるだろう
そしたらもうそれまでさ
俺はもうやりたいようにやるからな

魂こめて歌いますよぉ。よろしく!

| | コメント (3)

One night only

涼しくなってきたね。
みんな元気かい?

我々シャーク団は12月16日の静岡ケントスアマチュアナイトに向けて
夜な夜な怪しく練習してますよ。
ちょいと前の記事でもチラッとふれたけど、
今回のライヴはね、スペシャルなゲストが参加ですよ。

6月19日の「ルート61の巻」で書いた美女ダンサー、
ケントスではおなじみのTaeさんがコーラスとして我々シャーク団とコラボですぜ。
(もうコラボって死語じゃないのか?もともと違和感あったけど)

シャーク団のコーラスユニットは3人いるんだけど、
12月のライヴをブッキングした後そのうち2人が出られない事態になり、
こりゃまずいってんで急遽Taeさんにヘルプ!

「シャーク団で歌って踊ってみませんか!?」とお願いしたところ、なんとOK!
シャーク団のネタの数々に新たな命が吹き込まれることになったわけよ。

Taeさん歌もバッチリですけどね、
何たっていいですよお、そのダンス。
やっぱりブラックミュージックはダンスと一体だね。
みんな絶対いっしょにやりたくなっちゃうよ。

Taeさんの参加は一応今回限定だから貴重だよ。
”One night only”ですよ!

  シャーク団 LIVE IN ケントス アマチュアナイト
    12月16日(日) ケントス静岡 TEL:054 (251) 8585
    〒420-0032 静岡市葵区両替町2-7-10 両替町ビル5F
    18:00 open    19:00 start(出番はまだわかりません) 
    ¥1,500(1drink) (5バンド出る予定です)

よろしく!!

| | コメント (4)

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »