« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »

2007年10月

Wonderful Tonight

今日のここ、超個人的な記事ですんで悪しからず。
大好きなB.D.について語る1日。

”Wonderful Tonight ”って曲、ここに来る方なら知ってますよね。
クラプトンの名曲ですな。

Loosie Hipsのボス、B.D.が歌うとちょいと特別。
後ろで奥様が見てるんだなあ。
そのシチュエーションで十分泣けたよ。

B.D.、ここぞとばかりに感謝の気持ちを伝えてるのさ。
照れてもだめだぜ。そうに違いねえ。
サングラスの奥の目がそう言ってる。
おれにはわかるぜ。

B.D.は簡単に曲名を言っただけでこいつを始めたね。
平野氏のギターは絶妙のコーラスエフェクトとボリュームコントロールで
曲の雰囲気をつくり、リズム隊は歌バックに徹してる。
Maddy"カンド"King氏はあのフレーズをあのように弾いてくれる。
曲そのものももちろんいいんですが、やっぱりね、詞がね、しみちゃいますよ。

Wonderful Tonight

日が暮れかかった頃 彼女はまだ服を迷っていた
化粧をして 長いブロンドの髪を梳かして

そして彼女は僕に聞いた 「どうかしら」
僕は答えた 「ああ、
今日の君はとても素敵だ」

僕らがパーティーに行くと みんなが振り返って見るんだ
僕と一緒に歩くこの美しいひとのことを

彼女は僕に尋ねたんだ 「楽しい?」
僕は答えたよ 「とっても素敵な夜になったね」

本当に素敵な夜だった 君の瞳に愛の光が見えたから
でも僕は確かめたい 君がわかっているのかどうか
僕がどんなに君のことを愛しているか

家に帰らなくちゃいけない時間になった
僕はちょっと酔いがまわってたから 彼女に車の鍵を渡したよ
彼女はベッドまで僕を連れて行ってくれた
その時僕は言ったんだ 部屋の明かりを消しながら

僕はこう言ったんだ
「今夜の君はとても素敵だった」
「本当に 今夜の君はとても素敵だった」

あんなできた奥様いないね。
B.D.がB.D.でいられるのも、奥様のおかげだよね。
やるなB.D.。

B.D.も好きだけど、シャーク団のおやじたちは正直言って
奥様のファンでもあるぜ。

| | コメント (1)

Loosie Hipsの巻

行って来たよ ”Loosie Hips LIVE IN UHU”

いやあ、素晴らしかったね。楽しかった。

2番目に出演のUsolive。よくあんなに難しい曲をやるなあ。
クールな曲を熱く演奏して(主にベース氏)会場をあたためたね。

そしてお待ちかね、Loosie Hipsの出番。
それまで酔っ払いのおっさんだったB.D.
見事なフロントマンのオーラを身にまとって登場だ。
みんな年季が入ってるからさ、うまいねえ。
どうして御前崎にはあんなに練れた人がいっぱいいるの?何なの御前崎は。
うまいっていいことだね。キャリアは役に立つね。

ジョーさんカツミさんのリズム隊はタイトにボトムを固めてる。
うまいドラムは不必要に強く叩かないし、大きな音を出してもうるさくないんだよね。
Maddy"カンド"King氏はこう弾いてくれたらいいなという
いかにものフレーズを弾いてくれる。
持ち込みのPeavyの小さなギターアンプがたまらん。
そして蛇皮ギターの平野氏!うまいようまい。ああもうたまらん。
ギターと一心同体だ!いいなああんなに弾けて。
小さなボリュームでも存在感がすごい。
音色も心地よくって、キーボードいないのに
そんなような音の広がりや厚みを感じさせるバッキング
。うーん。

オリジナルもたくさんやったけど、解かってる人たちがやるから
細かいところまでニヤリとするアレンジが効いてて楽しいんだ。
ブルースっていう共通語で話しているんだね。
B.D.は途中から何故か横っちょによけて、
平野さんが真中で、不思議な位置関係だけど、
B.D.は横から合いの手を入れるのが好きなのかね?
ああ、このバンドはもしかして平野さんメインでB.D.の歌が合いの手か。
なんて言ったら怒られるな。

とにもかくにもB.D.のステージは見事にお客をつかんでみんなを幸せにしちゃう。
UHUのマスターも幸せそうだったよ。ちゃんと解かってる。
UHUはやっぱりいい店だね。
マスターはお客さんにも、ミュージシャンにも最大限の気を使ってくれる。情があるよ。
俺達も早くやりたいな。

でも問題はステージに全員乗るかだな。

| | コメント (4)

サメのおはこって

今日はねえ、ちょっと理屈っぽいですよ。うんちくですよ。

ある人のブログで、「十八番」が話題になりまして。
ご存知の方も多いと思いますが、これ「じゅうはちばん」と書いて「おはこ」と読むんですね。「最も得意な技や芸」のことですね。
(「じゅうはちばん」と読むのが間違いというわけではないようですよ。)
なんで「十八番」が「おはこ」なのか?
最近はなんでもインターネットで調べられるから便利だなあ。
いくつかの説があるようですよ。

いちばん有名なのは「歌舞伎」説
江戸時代の歌舞伎役者市川團十郎が、自分の得意としている演目十八種類、つまり「十八番」を、いつも大事に箱の中に入れて保管していたことからという説ね。

なるほどねという感じだが、実はこれは「由来」としては怪しいらしい。
なぜならこの役者が自分の得意な十八番を世に公表する1832年よりも前に「十八番」を「おはこ」と読んでいる本が存在するんだって。

だから有力なのは「箱書き」説
書画・茶器などを入れた箱に、「これは真作である」ことを示す鑑定者の署名を「箱書き」というそうで、ここから「本物の芸であると認定されたもの」を「おはこ」と言うようになったと。

さらに「阿弥陀如来」説というのがあるそうだ。
阿弥陀如来が仏になる修行をしている時に立てた48種類の誓いの18番目「私は念仏を唱える人達を必ず救済します」が、阿弥陀さまの「最も得意な技」であるという解釈から、「十八番」が「最も得意なこと」の代名詞になったという説ね。

合体させるとこうかな?
「じゅうはちばん」が「最も得意なこと」の代名詞として既にあり、
「本物の芸であると認定されたもの」を「おはこ」言う言い方も既にあったところに歌舞伎の「十八番」が出てきて、
じゃそれは彼の「おはこ」だねってことから結びついたというのが筋かなあ。(これだと歌舞伎の台本が箱に入ってというのは後付けということになるね)

はあ。疲れた。
世の中知らないことが多いねえ。

シャーク団の「おはこ」って何だろう?
やっぱり”Soulman”なのかな?
結局のところ、STAXsound、つまりMG's(with Menphis Horns)バックの 
Otis Redding Wilson Pickett Sam&Daveあたりのライン
要するにBlues Brothersということなんだな。
どうしてもそのへんに行っちゃうんだよね。

てことで、そのへんを目一杯ぶちかますライブはこれ!

  シャーク団 LIVE IN ケントス アマチュアナイト
  12月16日(日) ケントス静岡 18:00 open    19:00 start   ¥1,500

なんだよ長い前振りだなあ。んじゃ、アディオス!

| | コメント (0)

12月16日ケントス

出ます!
やります!
シャーク団が出ます!

いやいやみなさん久しぶり!
ここのところかなり忙しかったと生意気な言い訳すみません。
あんまり休んでて死んだかと思われたかもな。
どっこいシャーク団はしぶとい。
すぐ休むけどしぶとい。

カローラルミオンのCMで呼び出されたぞ。
あれはシャーク団のライブ始まり~だと思ってケツが浮くぢゃないかまったく。

ではあらためて発表!

  シャーク団 LIVE IN ケントス アマチュアナイト
  12月16日(日) ケントス静岡 TEL:054 (251) 8585
  〒420-0032 静岡市葵区両替町2-7-10 両替町ビル5F
  18:00 open    19:00 start(出番はまだわかりません) 
  ¥1,500(1drink)
 (5バンド出ます)

今回はねえ、シャーク団ちょいとパワーアップの予感ですよ。
ますます楽しくなりますよ。
よりいっそう踊りやすくなっちゃいますよ。
なんでかって?
それはこれから小出しにしますよ。
今準備中ですからね。

たーーーーーーーっ!

年末だからね、アップなナンバーメインで行くよ。
みんな踊り疲れちゃうなきっと。

ああ、椿でのことを考えると俺たち自身が最も心配ですが。

がんばるよ~ん。
みんな来てね!

| | コメント (2)

ライヴやるって!

最近忙しくてね。前ほど更新できませんがみなさんいかがお過ごし?
今日はライブの告知をひとつ。

このブログでもおなじみ、御前崎のフーチーク-チーマン
B.D.(BIG DADDY)のブルースバンドLOOSIE HIPSが静岡まで出張だよ!

このバンドねえ、なんと言いますか、通ですよ。大人ですよ。音楽たのしんでますよ。
まあB.D.がやってるのは間違いないから。

 10月25日(木)  Livehouse UHU(ウーフー) 
            静岡市七間町9-10 池田ビルB-1 
            
TEL・FAX:054-253-1418
            
18:00 open   19:00 start  ¥1500(1drink)

このLivehouse UHU(ウーフー)ってとこね、
その昔BANDWAGONていうライヴハウス(シャーク団が随分世話になりましたよ)
が入ってたビルの地下にある店です。
七間町通りのミスタードーナツとワシントンホテルの間の通りを
青葉公園方向にまっすぐ30m、右側にある池田ビルの地下1階)
オープンして1年、小さいけど機材がよくて音がいい店です。
うちらもやりたいと思っていたんだけどなかなか都合があわず、
B.D.に先を越されてしまいました。

ライヴハウスって経営が難しくて、
4~5年はもつけど10年20年はなかなか続かないんだよね。
いろんな理由でつぶれちゃう。
経済的に続かない以外にも、周囲からの苦情とかね。

でもね、やる人だけでもダメで、やっぱりやる場所ってもんがないと
ミュージックシーンは盛り上がらないよね。

このお店はやる人のことをかなり配慮してくれている店だよ。
ノルマがメンバー1人あたり2枚。4人のバンドなら8枚売ればいいんだ。
そんなお店はなかなかないよ。
1日でも長く続いてほしい、いい店です。

シャーク団もいつか出ますよ。

| | コメント (1)

« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »