« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »

2007年8月

お願いしてみようかな

8月も終わりに近づき、やっと少し涼しくなってきたかなと。
昔から、8月の終わりというのは妙に寂しいんだなあ。

さて、我々シャーク団は9月以降ちょいとペースダウンしまして、
生意気にも充電期間に入ろうかなと。

今年は3月、5月、7月、8月とステージがありまして、
年間100本とか200本とかライヴをこなすバンドに比べれば
やってるうちに入らないかもしれないけど、
おじさんたちにしてはこれでも結構がんばっちゃったんですよええ。

この先のライプの予定はなーんにも入っていないのをいいことに、
ちょいと休みつつ新曲でもやろうかなと。

そこでここにお越しのレアでコアな方々から、
「君達こんな曲やれば?」というリクエストをいただいちゃおうかななんて
思っておるのですがいかがでしょう?
たまにはちょっと訊いてみたくもなるんですよ。

誰の、何と言う曲か、コメントの欄に書き込んでおくれよ~。
頼むよ~。
できないのはできないっていうからね。

どうかひとつよろしくっ。

| | コメント (0)

ちょいと追加しました

8月17日(金)クックハウス椿での写真を何枚か「シャーク団てこんなの。」のコーナーにアップしたよ。カメラマンはほとんどB.D.ありがとう。

どこにあるかはこのページの中を探してね。

| | コメント (2)

明日からシカゴに行くよって

強烈すぎる椿の一夜からやっと精神的リハビリを果たしつつある今日このごろ。

ある友人が「明日からシカゴに行くよ」なんてメールをよこしました。
なにぃ?シカゴ-?
モダンブルースの総本山シカゴー?
ブルースブラザーズの舞台シカゴー?
羨ましい!羨ましすぎるぞぉぉぉぉぉぉぉ!

「おい、シカゴに行ったら、サウスサイド78thストリートのビリーの店に行って、『ヘイ、アイの野郎がよろしく言ってたぜ。必ずまた来るから、そん時まで死ぬんじゃねえぞ』ってやつに伝えてくれよ」なんてブルースフレイバー満点の伝言を頼みたかったが、シカゴには一度も行ったことがないからやめた。(なんじゃそりゃ?)

というかさあ、そんな話を聞くとあの悔しい記憶がよみがえるんよ。

今から20年近く前、大学を卒業する春休みに、おじさんは友達2人(平井くんと沖野くん)と「ミシシッピデルタツアー」なるものを企画したわけ。ニューオリンズからメンフィスまで、一週間車を借りてルート61(か55)を通って綿花畑を抜け、ジュークジョイントに寄りながら北上し、最後はスタックススタジオの跡とエルヴィスの家に寄ろうぜという旅さ。おじさんはものすごいエネルギーを注いでプランを立て、全てのチケットの手配もし、さあいくぞと思っていたのに、どうしようもない理由で俺だけドタキャンですよ。すまんが2人で行ってくれと。今思い出しても泣けてくる。彼らはお土産にブルースの楽譜をくれたっけ。俺楽譜読めないのに。

あの時行ってたら、今頃どんな音楽をやっていたんだろう?人生が変わっていたかもしれないなあ。

もしかしたら、あの時行けなかったから、ずっとこういう曲をやってるのかもしれない。

| | コメント (1)

注文の多い料理店

もうね、矢吹ジョーですよ。
すべてを出し尽くして真っ白な灰ですよ。
夢のような一夜をありがとう。
恐るべしクックハウス椿!
その果て無きおねだりぶり!

「おまえら、ここに足を踏み入れたからにはただでは帰さんぞ~」
「まだ400円分やってねえぞ~」
「おまえらを浜岡砂丘の砂にしてやる~さらさらの~」

的オーラをB.D.はもちろん、お客さん全体から感じましたよびしびしと!

前回の船ではお客さんほぼ無視だったけど、
それってつまり別に我々を聴きにきたわけじゃないからまあしょうがないかなと思えるが、
今回はわかってて来てるからね。「おい、ちょっと聴かせてみろよ」と。
ある意味船よりアウェーじゃん。ハードル高いじゃん。
メンバーも緊張してたよお。でも全力でやったよ。みんな出し尽くしてたよ。
長いとさ、ボロもたくさん出ちゃうね。
昨日は正直演奏の質に納得いかない点は多々ありますよはい。
次に出るときにはさらにビシッとやりますよ。

2ステージ、トータル2時間以上。終了24時。
こんなにやりまくったの初めてです。
大人になった感じです。(何それ)
たくさん聴いてくれて、ほんとうにありがとうございました。
おまけにあんなチップをいれてもらってもうすんごい恐縮。

清水からわざわざ来てくれた、大塚さん率いるチームJBのみなさん、
minminさん率いる(?)チームファンタイム本部のみなさん、
へナート率いる(?)チームファンタイムブラジル支部のみなさん、
そして愛するB.D.楽しく盛り上げてくれてありがとう。愛を感じたよ。
君達まとめて「石橋さん」と呼ぶぞおい。
ここに来たらコメントつけてくださいよ。

今までお客さんに食われたと感じたことはあんまりなかったが、
今日は食われた。修行が足りねえな。また出直すよ。
次はもっとだらだらやってやるぞ。垂れ流しだ。

クックハウス椿はさ、バンドマンをクックする店だったのさ。
シャーク団よ、浜岡の砂となれ

合掌。

| | コメント (9)

だからホントに暑いっつうの

よくまあ毎日こんだけ暑いね。
ちょっと暑さの質が子供のころとは違うな。
やっぱ温暖化の影響なんだろうなこれ。

てな具合に暑い本日、御前崎に参ります。
泳ぎに行くんじゃないよライヴだよ。

  シャーク団 LIVE IN 椿    8月17日(金) 
  クックハウス椿 (御前崎市池新田7560  ℡ 0537-86-7150)
  1st ステージ 21:30~  2nd ステージ 22:30~
  チャージ \400

クックハウス椿といえばでもこんな暑い日にさらに暑苦しいおじさんちのライヴなんて来る人いるのかな?
せっかく来たのにめちゃクールに聴かれても困るな。この前の船がそうだったね。
あまりの暑さに気がふれてもうどうでもよくなっちゃった人が集合するんだろうな。
そうなったら最高だな。
ちょっと遅れた盆踊り、いやいやもう「ええじゃないか」の状態だな。

楽しくやるぜ。今日がおじさんの夏祭りさ。

| | コメント (3)

暑い日に想う A Change Is Gonna Come

いや暑いねホント。
夏だから当然なんだが。
だらだらしちゃうよ。
暑くなくてもだらだらしてる人生ですが。

こないだオーティスの”The dock of the bay”の訳詞(「何にも変わらねえ」というテーマ)を載せたけど、人生を考えるといえばこの曲も。(こっちは「きっと変わっていくさ」というテーマね。)
これはシャーク団のネタではないんだが、
個人的に大好きなサム・クックの1964年の名曲(発表は彼の死後なので遺作ね)。
”A Change Is Gonna Come” って曲。
曲調はメロウなバラード調なんだけど、歌詞の内容は重いんです。

   A Change Is Gonna Come

生まれたのは川のほとりの小さなテント
それからはずっと川のように流れ者の人生
長いことかかったけど、そろそろ流れが変わるはずさ そうさきっと

生きるのはつらいけど死ぬのも怖い
空の向こうに何があるのかわからないから
長いことかかったけど、そろそろ流れが変わるはずさ そうさきっと

映画に行っても町に出かけても、「うろうろすんじゃねえ」と言われる
長いことかかったけど、そろそろ流れが変わるはずさ きっと

友達のところに行って
「なあ、オレを助けてくれよ」と言っても
どうせ殴られてはいつくばらされるだけ

長くはもたないと思ったことは何度もあるよ
だけどなんとかなる気がしてきた
長いことかかったけど、そろそろ流れが変わるはずさ
そう、流れはきっと変わるはずさ

原詩はコメントに載せておくよ。

みんな知ってのとおり、ずっと差別されてきたアメリカの黒人だけど、
1950年代後半からだんだんと社会的平等を求めた公民権運動が盛り上がりを見せ、
1963年8月には数十万人が参加したワシントンD.C.での大行進があり、
あの有名なキング牧師の演説(I have a dream.…)があった。
かのケネディ大統領は公民権運動に理解を示して、1963年11月に暗殺されるまで
南部各州の人種隔離法を次々に禁止していく。
そして1964年の7月には公民権法が制定され、
アメリカの黒人は一応法的には平等を勝ち取ったことになったんだね。
そんな時代の背景があってのこの歌。

ただね、当時の社会は下克上的な盛り上がりを見せていたはずなのに、
この曲調はお祭り騒ぎどころかかなり控えめ。だからこそ歌がしみるよね。
「いくら法律を変えたり新しく作ったりしても、人の心はそう簡単に変わらないだろう。
でもこれからはきっと変わっていきそうだ。そのきっかけにはなるかも・・・」
くらいのトーンではないかなと。
それだけ差別は根深かったということなのかな。

人種差別をからませなくても、「今までいいことなかったけど、これからきっとよくなるさ」っていう思いをテーマにしても成立するかな。もちろん深みが違うけど。

オーティスもザ・バンドもやってる。他にもたくさんのカバーがある名曲です。

シャーク団でもいつかやりたいなと。
きっとやれる日がくるさ。そうさきっと。

| | コメント (6)

行くよ~ 椿!

この間の船上ライヴですっかり船酔いした我々シャーク団ですが、
これを払拭すべく、次のライヴ決定!

8月17日(金)、いよいよ御前崎クックハウス椿のアマチュアナイトに出演

  シャーク団 LIVE IN 椿    8月17日(金) 
  クックハウス椿 (御前崎市池新田7560  ℡ 0537-86-7150)
  1st ステージ 21:30~  2nd ステージ 22:30~
  チャージ \400

クックハウス椿といえば、
あのB.D.&The FuntimeのマスターB.D.(ビッグダディ)が牛耳る店、
「静岡のアポロ劇場」といわれるほど、
黒~い筋の方々が集う濃~いライヴスポットでやんす。

先日は知り合いのどろどろに黒いラバーファンクが出演し、
見事お客のけつを浮かせましたな。

我々シャーク団は昨年末、あの伝説の忘年会に出させてもらって以来8ヶ月、
念願かなってやっと出られます(涙)。

マスターからは、早々に(昨年12月に)
「お前らさあ~、椿の金曜日の客を踊らせたら本物だよ」とか、
「まあ~最初は客3人だな。そこから始めな」とか、
さすが御前崎だけに核エネルギーに満ち満ちた励ましを受けております。

チーム Funtimeのみなさんを始め、椿に集う黒~い筋のみなさん、
ああ、もちろん白~い筋(M&M’sやWonkeesの方々やお客様)のみなさん、
そしてあの伝説の酔っ払い軍団のみなさん(B.D.含む)
2ステージ曲かぶりナシで出し尽くす覚悟です!

みんな知ってるいつもの曲ばっかり。いっしょに歌いましょう!

待ってますよお~!

クックハウス椿 http://web.mac.com/tsubaki7560/iWeb/

| | コメント (7)

« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »